0コメント

【ゲーム】「龍が如く7」、序盤の進め方は自販機の小銭拾い、空き缶集め 極貧主人公の金策を公開

20191203-107849-header-696x392.jpg

1: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 19:46:11.68 

セガゲームスは12月3日、『龍が如く7 光と闇の行方』の最新情報を公開した。同作は、PS4向けに2020年1月16日に発売されるシリーズ最新作。ドラマティックコマンドRPGとして開発されている。主人公の春日一番は“持たざるもの”として横浜・伊勢佐木異人町にて成り上がっていくわけだが、成り上がりに必要なのはもちろんカネである。ということで、序盤の金策が紹介されている。

無一文とはいえど、お金を集める方法はひとつではない。金策のひとつとしては、自販機での小銭あさりがあげられる。自販機の近くを調べるとアイテムやお金を拾うことができるのだ。フィールド上にある自販機へと近づき、漁ると小銭が見つかるのだという。運がよければ500円玉が発見できるそうで、500円は序盤としては大金になるとのこと。

またホームレス友達のナンバからは、サバイバル缶拾いを紹介してもらえる。サバイバル缶拾いは、自転車で空き缶を集めるプレイスポットだ。制限時間内にノルマ以上の空き缶を集めてゴールまでたどりつければ、ゲームクリア。ゴミ回収車や他のホームレス、ドラム缶に衝突すると空き缶を大量に失ってしまうので注意する必要もある。

また、街に落ちている栄養ドリンクを拾って使用すると、数秒間高速で走れるブースト状態に。ぶつかってくる他のホームレスから逃げ切ったり、ゴールに間に合わせたりするためにブーストを使い、ハイスコアを目指すのだ。またブースト状態でほかのホームレスにぶつかれば、空き缶を奪うことが可能。集めた空き缶は「エコポイント」に換算され、さまざまなアイテムと引き換えることができる。エコポイントは換金することも可能なので、序盤のホームレス時代の金策としても役立つだろう。(以下ソースで)

ソース AUTOMATON
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20191203-107849/
画像
20191203-107849-header-696x392.jpg
20191203-107849-001.jpg



12: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 21:36:27.33

>>1
序盤からマダオ、きっとずっとマダオwww


2: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 19:47:43.92

シェンムー3みたいだな


3: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 19:49:03.32

前作まではヤクザゲーだったのが、ホームレス生活体験ゲーになったのか(´・ω・`)


9: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 20:52:25.36

>>3
テロ対策でヤクザが極貧になってるから
間違ってはいない


4: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 19:51:44.84

ホームレスの頂点を目指すゲームとか斬新だなおい


5: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 19:58:07.40

開発がドヤ顔で紹介してるようだがスベってると思う。


7: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 20:51:53.96

>>5
それな


6: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 20:13:24.92

毎日500円小遣いくれよ!


8: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 20:52:19.45

>空き缶を大量に失ってしまう
どこのハリネズミだよ。。


10: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 21:05:34.65

黄金町、大岡川沿の風景w

治安が悪い所しか舞台にならないのな(´・ω・`)


11: 名無しさん@龍が如く 2019/12/05(木) 21:13:50.38

で、ゲームとして面白いのか?


13: 名無しさん@龍が如く 2019/12/06(金) 18:29:17.18

プレイ動画みたけど風〇店の描写がやたらリアルだな。


14: 名無しさん@龍が如く 2019/12/06(金) 20:31:16.71

バブルの叩けば金が出てくるやつのがいい
なんでゲームでまでコツコツ努力せなあかんねん


15: 名無しさん@龍が如く 2019/12/07(土) 09:44:02.91

5の品田パートの下ネタ分量が増えて貧乏も続いて
高杉さんも居ない版なんだと思うと絶対無理って思った
品田は武器ごとの動きなんかが楽しめたけどRPGに操作の楽しさなんてないしね


当ブログのおすすめ記事

この記事へのコメント

お世話になっているサイト